LINEスタンプ作りました

LINEスタンプ

2020年になって、やりたかったことのひとつ。
それは…

LINEスタンプを作って販売すること!!

日常使いに役立つLINEスタンプ「大人女子のあれこれ」

オリジナルのスタンプや絵文字、着せかえを作れば、LINE Creators Market で販売することができます。

初めて制作したLINEスタンプ「大人女子のあれこれ」は、こちらから購入できます。

制作ストーリーとコンセプト

最初は「作るの大変そう」「申請しても、審査厳しいかも…」など思っていましたが、実際に制作してスタンプ申請から審査待ち・承認されるまではとてもスムーズでした!

制作から販売までの所要日数

もちろんこれは個人差が出てくるかと思いますが、初めて制作した場合です。

工程内容所要時間・日数
スタンプ画像制作(40パターンの場合)約3~4日(6-8時間/日かけた場合)
クリエイター登録20~30分
スタンプ情報の登録1時間~1時間半
申請→審査中→承認約2日
※リジェクト(審査落ち)なし、一発OKの場合
承認→販売開始リリースして約30分~1時間後

スタンプ制作から販売開始までの流れ

制作から販売までの流れは、こんな感じです。
工程が多いですが、大まかに分ければ
「①スタンプ画像制作」「②登録」「③申請・審査」「④販売開始」の4ステップとなります。

  1. コンセプトやアイディア出し
  2. イラストのデザインラフ案制作
  3. ひたすらイラスト制作(主線・カラー塗り・テキスト入力)
  4. 制作した全スタンプをPNG形式で保存
  5. LINE Creators Marketにクリエイター新規登録
  6. アカウント設定(名前や電話番号、住所、送金先情報など)
  7. 作成したスタンプ情報や画像の登録、販売価格の設定
  8. 申請と審査
  9. 販売開始

「大人女子のあれこれ」のコンセプト

制作をスタートする前、スタンプのキャラクター設定やテキストのパターン案を洗い出しました。
そこがかたまっていないと、統一感のないスタンプだったり、販売しても購入されず、自己満足で終わってしまう、「ただの作品スタンプ」になると思ったからです。

ざっくりですが最初に決めたのは、

  • 大人の女性向けに使ってもらいたい→ターゲット年齢は20~40代
  • 定番&オーソドックスに使えるあいさつスタンプ
  • 私自身が日々のコミュニケーションに使いたいなぁと感じた内容
  • 初めてのスタンプだから、フルの40パターン制作したい

友人とのLINEのやり取りで、「こんなテキストあったら便利だな」「この文言欲しいな」と思いついたものを、コツコツとスマホのメモ帳にネタ出ししていき、40パターン出来た時点でイラストに着手しました。

LINE Creators Marketでできること

  • LINEアカウントがあれば、登録&参加できます。
  • 職業、年齢、プロ、アマチュア、個人/企業を問わず、誰でもOKです。
  • 作ったスタンプや絵文字、着せかえを、LINE STOREで販売できます。
  • 世界中のLINEユーザーに、スタンプや絵文字、着せかえを使ってもらえます。

スタンプ制作で必要なもの

画像名必要数サイズ(pixel)
メイン画像1個横240px × 縦240px
スタンプ画像8個・16個・24個32個・40個横370px × 縦320px(最大)
※余白規定あり
トークルームタブ画像1個横96px × 縦74px

詳しくは LINE Creators Marketの「制作ガイドライン」に記載されています。

作ってみた感想

初めて作ったり登録したため、最初は手間取りましたが、一度経験してみると今後は全行程スムーズに出来ると思いました。
申請から承認が下りるまで、約2日で出来る早さに何よりも驚きでした!

ただ、Web/PCから登録申請する「LINE Creators Market」と、スマホから登録申請できるアプリ「LINE Creators Studio」では、「規定内容」や「販売して売上金を得られる/得られない」が変わってくるので、注意が必要です。

主な違いは、下記にまとめてみました。

LINE Creators Market LINE Creators Studio
Webサイト(PC)から申請アプリ経由で申請
(iOS・Android対応)
販売して売上金を得られる販売して売上金を得られない
ビジネス・プライベート用途向けプライベート用途向け
制作者本人も有料で購入する必要あり制作者本人は無料で自作スタンプをダウンロードできる
写真使用はNG撮った写真を加工してスタンプにできる
登録申請がスマホアプリより複雑・時間がかかるスマホひとつで登録申請できるから簡単

他にもありますが、大きな違いはこんな感じです。

まずは第1弾、晴れて自作LINEスタンプを制作、販売できたことが嬉しいです!
今後もコツコツといろいろなスタンプを制作&販売してみたいです。